2008年04月12日 : 楽団詩集

時の静寂( for my friend ) (作詞:YUKI/作曲:山合淳)

作詞:YUKI
作曲:山合淳

君を想う時 夜は限りなく近く 

雲に覆われた 凍り付く大地と海


Woo わかってる Woo 光にはなれないと

 

君を想う時 朝は限りなく遠く

その闘いは いつまで続くの?

  

君を見つめてる 私はいつもココに居る

疲れ果てたら 瞳閉じ眠れるように

Woo その荷物 Woo  放り投げ 泣けばいい

君を見つめてる 私はこの窓辺にいる

灯す明かりは 迷わぬための祈り

扉の鍵は いつも開けてある

Woo  感じてて Woo  一人ではないことを


私は歌ってる いつもココで歌っている

全て凌駕する 時の静寂へと

君を運べ!と…

この声届けと…


*楽団第1期最初期からの楽団レパートリー(1995年頃)。
青木優子作詞「猫とピエロ」、ERI作詞「夜の中」を経てのYUKIのペンによる作詞。
分団Moondustレパートリー。2008年発表予定。
(2008/04)
posted by 楽団クレッセント at 00:28 | 楽団詩集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▲ページの上部に戻る

2008年04月12日 : 楽団詩集

フォルダに鍵かけて(作詞:YUKI/作曲:山合淳)

作詞:YUKI
作曲:山合淳

記憶していられるように ずっと
Ah 二人で歩いた朝もやの川辺
固い土の匂い 白い吐息
跳ねた髪と笑顔
想い出フォルダにしまっておくのよ そっと

今 離れて気付く
守られていた私
叫んでも気付かないあなたと
決めつけてたの…私
愛してた…


スクリーンは季節毎に巡る
Ah 二人で歩いた夕暮れの川辺
温く緩んだ風 ビーチサンダル
西日に伸びた影
想い出フォルダにしまっておくのよ ずっと

今 離れて気付く
愛されていた私
もがいても抜けられない現実と
思い込んでいたの…私
愛してた…


今は振り返らず
前だけを見て歩く
独りで起てた時
開くの 想い出フォルダ
とびっきりの笑顔で暮らしていくわ きっと
誰にも誇れる自分になってみせる…あなた
ありがとう…

*他参加バンドへの提供曲(2002年頃)の歌詞をYUKIが新たに書き下ろした改作。
楽団第3期内「楽団クレッセント・フィーチャリング・ユキ」のレパートリー。2007年発表。
分団Moondustレパートリー。2008年、フリップオーバー・レコードにて編曲〜制作計画曲。
(2008/04)
posted by 楽団クレッセント at 00:18 | 楽団詩集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▲ページの上部に戻る

2008年04月12日 : 楽団詩集

キラキラ☆投げKISS(作詞:YUKI/作曲:山合淳)

作詞:YUKI
作曲:山合淳

やわらかな春のプリズム
こぼれ落ちてくる気配
カーテンを開け 深呼吸する
タンポポに Good Morning!
 
七色の風 Good Inspiration
今日はお洒落して Yea! Go to town
ベースメイクはシアーに決めて
グロッシーな唇 光ってるでしょ?

ハイヒール ストラップ留めたなら
さあ出陣! ステップ踏むわ
Fashion Street
ヒラヒラ歩きだせば
街は私のものね

※投げKISSして キラキラ☆
見つめられて クラクラ
魅惑的リップ

微笑んだら モナリザ
おすましして ヴィーナス
今日は I Love Me

街の足取りは Just good medium
ハートのテンポは It 's fit very much.
華奢な指先 ピンクのNail
プリティパールが魔法をかける

いつものCafe
気にしてた彼 発見
Wow, It's miracle !
風が躍るわ
木々からの ささやきが聴こえたら
微笑んで Good Afternoon !!

Repeat 今日は I Love Me
Repeat そうよ I Love Me
Repeat そして I Love Me
いつも I Love Me
*楽団第1期作曲の楽団用ストック曲(1997年頃)。麗らかな春のテーマソングを志向。
2007年、YUKIにより初めて作詞着手。分団Moondustレパートリー。2008年制作計画曲。
(2008/04)
posted by 楽団クレッセント at 00:03 | 楽団詩集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▲ページの上部に戻る

2007年02月27日 : 楽団詩集

本日、日曜、晴天なり(作詞:AKI/作曲:山合淳)

作詞:AKI
作曲:山合淳

窓を覗き込んだ 太陽が
「早く出ておいで」と手招きする

自転車乗って 出かけよう
川沿いの道を どこまでも

tutu 口笛
tutu 吹いたら
笑顔があふれて 心ウキウキ
tuturu・・・


クルクルまわるタイヤ 嬉しそうに
風を切って走る 光の中

でこぼこ道も(ウウウ ウ〜) 坂道も
気にせず行こう 軽やかに

fufu 鼻歌
fufu 歌えば
雲の橋越えて 空翔ける
fufufu・・・

自転車乗って 出かけよう
川沿いの道を どこまでも

tutu 口笛
fufu 鼻歌
楽しくいきましょう 太陽に
さそわれて fuu シャイニング

自転車に乗って どこまでも


*楽団第1期作品「pichi−potsu降る雨の中」(青木優子:作詞/山合:作曲)の、歌詞リメイク=AKI版。
(2007/10)
posted by 楽団クレッセント at 15:10 | 楽団詩集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▲ページの上部に戻る

2007年02月27日 : 楽団詩集

ムーン・ダンス(作詞:AKI/作曲:山合淳)

作詞:AKI
作曲:山合淳

空を映した 海の色は
深い群青 痛いほどに
静けさを まとっている

冷えた心は よせる波と
ともに消えゆく 波打ち際
海の花 散るように

moon lighit
水面で 月が踊る
moon lighit
優しく 手をとりましょう

悲しみも 苦しみも
切なさも 捨てるように

moon light
今宵は 踊りましょう
moon lighit
涙が 乾くまで・・・

moon light
moon dance・・・



*楽団第2期(フィーチャリング・エリ時代、2006/05)作曲の、楽団向けストック曲。
2007年07月、AKIの手による作詞が完成に至る。タイトルは作曲者:山合の楽曲イメージ仮名称に依るものを、そのまま採用。2007年内発表予定。(2007/08)
posted by 楽団クレッセント at 15:00 | 楽団詩集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▲ページの上部に戻る

2007年02月27日 : 楽団詩集

ほほえみの街(作詞/作曲:AKI)

作詞:AKI
作曲:AKI

都会の空は狭すぎて 鳥は翼たたんでる
いつか聞いたあの街には どんな風がふいてるだろう 

例えば 小川せせらぐ静かな街なら どこまでも澄んだ
涼しい風が 優しく頬をなでるだろう 広い空の下
 

想いは何処までも飛んでいく 立ち並ぶビルは もう見えない 
ゆっくり流れる時間に今 体をあずけ 静かに眠ろう

都会の道は複雑で 猫も道に迷っている
地図の上の小さな街は どんな色した街なんだろう

例えば草木かおる緑の街なら 早起きでもして
冷たい空気を 身体いっぱい吸い込んで 散歩でもしよう

朝露まだ残る草道を まっすぐ行こう 雲を数えて
さえぎるものは もう何もなくて 足跡だけが誇らしく残る
 

澄んだ空に翼を広げ あの鳥が今 羽ばたいていく
草木に 頬くすぐられながら
あの猫は今 陽だまりの中 微笑んでいるだろう
posted by 楽団クレッセント at 14:55 | 楽団詩集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▲ページの上部に戻る

2007年02月27日 : 楽団詩集

花火(作詞:ERI/作曲:山合淳)

作詞:ERI
作曲:山合淳

砂をかじる二人の名は 波が連れ去り後を無くす

滲む影が涙誘う 君の後ろ姿と共に

 

どれだけの嘘を僕は重ねたのだろう

 

二人走り疲れ息を切らし募らせた思いを

夜空を飾る花火の下ため息に隠した

 

同じ空を見てたのに

 

鈴虫が僕の背中で鳴いている

 

君に届け僕の想い花火 ちりぢり音立てて

こうして今なら言えるのに 零れ落ちる想い

夏が終わりを告げる前に 埋もれた貝殻の

欠片を拾い集めたなら 君に届けてみよう

 

強がりは潮風に乗せて

また同じ空の下で


*2006年07月発表オリジナル曲
posted by 楽団クレッセント at 14:45 | 楽団詩集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▲ページの上部に戻る

2007年02月27日 : 楽団詩集

夢模様(作詞:ERI/作曲:山合淳)

作詞:ERI
作曲:山合淳

リズム刻めばつま先が踊る

荷物さえ持たず汽車に乗り込む

煙巻き上げ汽笛の合図が

目的地ならどうぞお好きに


まぶた落とす風の足音近く耳たぶにもたれ

緑と遊ぶ


走る速さを競うレール軋む

古びてた線路が歓喜に揺れる 夕景色


黄昏染まる 千切れ雲

うたた寝呼ばれ 蜃気楼

そこにはにぎわう町の酒場

さあ 手をとり踊りましょう


鳴らすラップタプ熱い息を吐いて

いつしか汽車は星空翔る夢模様

いつしか体は深く遠い夢模様

いつしか全ては幻遠い夢模様


*2006年07月発表オリジナル曲
posted by 楽団クレッセント at 14:41 | 楽団詩集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▲ページの上部に戻る

2007年02月27日 : 楽団詩集

雪月花(作詞:ERI/作曲:山合淳)

作詞:ERI
作曲:山合淳


白い雪綿帽子 強く根を張る君は

争うことなくただ 空見上げ朝を待つ


月明かりに浮かぶ君の頬

待ちわびる僕の胸にそっと寄り添う


静けさの中ゆらりと浮かぶ月

朝の光にきらりと降る雨


かすむ視界が色づく 狭い僕の心も

争い絶えない日々 覗く君の万華鏡くるり


何気なく触れた君の体

物憂げな僕の声をじっと聞いてる


螺旋を描いてはらりと舞う雪

頬を伝うはほろり一滴


ひらり また ひらり 落とす 桃色の花びら

土は また それを 受け取って 温める


アスファルトには何も無い様に

いつから僕は美しいもの忘れたの?


静けさの中ゆらりと浮かぶ月

螺旋を描いてはらりと舞う雪

朝の光にきらりと降る雨

巡る季節にひらりと咲く君

*2006年11月発表オリジナル曲

posted by 楽団クレッセント at 14:32 | 楽団詩集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▲ページの上部に戻る

2007年02月27日 : 楽団詩集

夜の中(作詞:ERI/作曲:山合淳)

作詞:ERI
作曲:山合淳

2006/10@御茶ノ水カカドゥ、シングルCD-R会場限定販売音源収録曲

迷い込めばほら そこは終わりなき世界
咲き乱れる華 夜にだけ見せる顔
 
吸い込まれ 堕ちていく 限りなく 
迷い込めばほら そこは始まりの世界
誰も入れない あたしだけの闇
 

問い掛ければほら 聞こえてくる星の声

溢れ出す言葉 散りばめて眺めてく
 
どれだろう 掴みたいモノは 
問い掛ければほら 答えてくれる星の声
誘う輝きは一時の幻 探しているものは 
君の中にある
 

吸い込まれ 堕ちていく 限りなく
 
問い掛ければほら 答えてくれる星の声
探しているものは 君の中にある 
君の中にある
開けばその手に

*2006年10月発表会場限定販売シングルCD-R収録曲。
*原曲は旧楽団期の山合作曲、青木優子作詞の作品。2005/10、フィーチャリング・エリ期にエリによる作詞にて、リニューアル発表。
posted by 楽団クレッセント at 14:20 | 楽団詩集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▲ページの上部に戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。