2012年09月10日 : 楽団外活動

SOULジョージ(高岩君)(2009-)

作成:org:2012/09/10
◆Profile◆
「『バンドオヤジ大会で優勝だ!』
こんな無謀な目標を掲げて、2009年SOULジョージはスタートしました。
オヤジの集まりですから、メンバーは40代が中心。
不景気で仕事は厳しいし、子供は小さく家族サービスに忙しい。だけどサラリーマンだってやる時はやるんだ!
サラリーマンファンクは社会に同化しつつがんばります。」
(2012/09/08ライブイベント会場配布フライヤーより引用)

◆略歴◆
2009/**:スタート
-不詳中略-
2011/**:ライブイベント開催、於・水道橋東京倶楽部。
2012/09:ライブイベント開催、於・目黒東京倶楽部。

◆楽団CRESCENTとの関連性◆
20世紀の頃の楽団オリジナルギタリスト:高岩君が参加。

◆ライブ活動◆
◆概要
2012/09/08@東京倶楽部目黒店、目黒、東京。
日時:9月8日(土) OPEN 13:00 START 13:30
場所:東京倶楽部 目黒店
     東京都目黒区上木崎2-18-20 中目黒駅前マンションB1F
     TEL 03-6417-0166
     http://www.tokyo-club.com/meguro/about/
「参加している半オリジナルSOUL系(?)バンド『Soul ジョージ』でライブをします。
土曜日の昼過ぎから2,500円で飲み放題というお得なライブとなってます。
夜飲みの景気づけに是非遊びに来てください!!」
(高岩君御連絡文書2012/08を転載)

◆当楽団より出演
高岩君(gt.)。

◆画像(撮影:楽団ピアノ)
連絡文書添付フライヤ。
SOUL0908_101.jpg
以下、高岩君ギター。
120908_154220_101.jpg
120908_154002_101.jpg
120908_153127_101.jpg
120908_140112_101.jpg
120908_164550_101.jpg



posted by 楽団クレッセント at 12:07 | 楽団外活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▲ページの上部に戻る

2012年09月10日 : 楽団外活動

萬屋-add4(sim氏、darthan氏、分団YUKI姫、中山氏、YOKO氏、青木ボーカル、山合ピアノ)(2000-)

楽団CRESCENT>楽団外活動>萬屋
*作成:2008/12/07*最終更新:2012/09/10=>add4版:プロフィール項、略歴項に加筆。

yorozuya_bnr.gif
◆Profile◆
萬屋(よろずや)。社会人エンターテイメント趣向カバーバンド。
男女ツインボーカル+エレクトリックリズムセクション編成。
主宰:萬屋店主。

洋邦ロック〜ソウル〜ポップス〜歌謡曲カバー演奏なのだが、バンマス:萬屋店主メインボーカル主導による、曲中やMCなど随所にお笑いネタを仕込む、と云うのが大きな特徴。
編成的には鍵盤加入前の男性ボーカル+ギタートリオバンドコンボ時期を除くと、男女ツインボーカル+鍵盤入り4リズムバンドコンボ6人編成でほぼ一貫していたが、2009年、鍵盤レスツインギター4リズムセクション体制に移行の模様。ライブスパンは1回/1〜2年。
社会人メンバー各位の都合其の他で、活動年により人員が異なる事も特徴的。
2011/11解散発表。活動停止。

ホームページ(2009-)
http://yorozuya.jimdo.com/

ユーチューブ
http://jp.youtube.com/watch?v=UOT1lIYYeq8&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=I7NSy4SlB3s&feature=related

(2012/09)
◆略歴◆
1996/** 店主大学時代の音楽サークルを母体に社会人オリジナル楽曲バンドプロジェクトとして結成、男性ボーカル+エレクトリックギター3リズムセクションバンドコンボの4人編成として出発。
1998/** ライブ公演@甲府 BODEGA SPACE G。
2000/** 完全カバー楽曲レパートリーに軌道修正。青木優子楽団初代歌い手:cho、楽団ピアノ:pf, orgが参加、男女ツインボーカル+4リズム編成となる。楽団ピアノは以降参加継続となり、当楽団との交流が始まる。
2000/08 静岡の海岸野外イベントに出演、当楽団としても青木歌い手と楽団ピアノのデュオで出演。
200*/** オリジナル楽曲導入/カバー曲混成に軌道変更を図るも失敗、完全カバーバンドに軌道修正。
2002/11 ライブ公演@甲府 BODEGA SPACE G。
2004/11 店主御結婚2次会貸切ライブ主催〜単独公演@甲府 JAZZ IN ALONE。当楽団はプレ公演:1次会披露宴にて青木優子楽団初代歌い手と楽団ピアノのデュオで出演。
2005/09 東京都多摩市「永山フェスティバル2005」野外イベントに出演。
2006/11 イベント「萬屋結成十周年記念興行」@甲府 JAZZ IN ALONEを主催、出演。当楽団は2代目ボーカル+コーラス+ピアノの変則トリオで出演。
2008/** 楽団からの人員投入として、土台リズムセクションに、楽団2007臨時楽団員:ダーサン氏ドラマー、同じくsim氏ギタリストをベースとして迎える。
2008/11 イベント「萬屋荻窪興行2008」@荻窪ルースターノースサイドを主催、ワンマン出演。
2009/09 楽団ピアノ:pf, orgを解任、ツインギター体制へと移行。 萬屋2010公演に向けリハーサル開始。
2010/03
 共同企画音楽ライブイベントを友人バンドと共催、出演。
2011/01 旧分団YUKI姫の所属するディスコバンド主催の音楽ライブイベントに出演。
2011/07 イベント「萬屋(YOROZUYA)結成15周年記念興行 円山夏の陣」を友人バンドと共催、出演。flip-over rec.〜臨時楽団員sim氏:bs、本興行を以って退任。
2011/11 HPにて萬屋店主より解散声明発表。活動停止。
(2012/09現在)
◆楽団CRESCENTとの関連性◆
当楽団クレッセントと縁は深く、2008年現在、重複参加関係者は7名に上る。
萬屋2008には、当楽団より楽団ピアノも含め、3名の参加となった。

2000年、楽団初代ボーカル:青木優子がコーラスとして召集されたところに楽団ピアノが鍵盤奏者として芋づる式に引っ張られて参加。
青木は其の公演を以って萬屋退店。楽団ピアノは以降2009年解任まで萬屋4リズムセクションの鍵盤セクションを担う。後に臨時楽団員として一時在籍の萬屋オリジナルメンバー:中山ドラマーは、状況〜召集により参加/不参加の模様。
また、其の2000年萬屋イベント出演@静岡海岸野外会場の際は、当楽団も青木とピアノのデュオ編成で出演。

以降、萬屋参加人材の当楽団臨時楽団員抜擢が続き、2006年の「萬屋結成10周年記念興行」に於いては〔YOKO氏:萬屋女性ボーカル=臨時楽団員コーラス〕+楽団2代目ボーカル+楽団ピアノ
という変則トリオでの楽団演奏をインサートしてイベント構成された。
当臨時楽団員〜分団歌い手YUKI姫は2006年初め時点で萬屋退店、以降、ライブ受付などにて協力参加。
そして2008年は逆に楽団人材の萬屋投入と為り、土台リズムセクションに楽団2007臨時楽団員:ダーサン氏ドラマー、同じくsim氏ギタリストがベースとして参加開始。
旧臨時楽団員YOKO氏コーラスは2007年時点で楽団退団/萬屋退店。

2009年10月、楽団ピアノ:pf, orgが萬屋解任となり、2011年07月、flip-over rec.〜臨時楽団員sim氏:bsが退任。2011年08月現在、臨時楽団員:ダーサン氏ドラマーが正規メンバーとして、旧分団YUKI姫:choがサポートとして参加継続中。
2008年時点で一時、sim氏:bsがgtにスライドし、ポストにオリジナル楽団員:土橋ベーシストの萬屋起用の話もあったが中止〜sim氏ベースにて継続のまま退任し、其の後の萬屋の活動については不詳。

(2011/08)
◆ライブ活動◆

2000/08/11, day time@静岡海岸野外ステージ, Shizuoka.
event : "不明"
概要

後に当楽団参加となる中山ドラマーと当時現役中の楽団初代ボーカル青木優子と楽団ピアノが参加。
男女ツインボーカル+4リズムセクション編成。
演奏レパートリーは、「スタンドバイミー」(ベンEキング)、「ワイルドで行こう」(ステッペンウルフ)、キンクス等。
楽団のステージでは楽団創始当時のボーカル+ピアノデュオ編成に戻り、旧テレビアニメ「トムソーヤーの冒険」エンディングテーマ(作者不詳)や「かぶとむし」(aiko)、「So Far Away」(キャロルキング)等を演奏。

◆当楽団より出演者
中山ドラマー:ds
初代ボーカル青木優子:vo, cho
楽団ピアノ:pf, org


2002/11/16, night time@甲府 BODEGA SPACE G, Kofu, Yamanashi.
event : "BOOKING LIVE"
概要
後に当楽団参加となる分団YUKI姫及び、楽団ピアノが参加。
女性ボーカル×2名起用の男女トリプルボーカル+4リズムセクション編成。
演奏レパートリーは、「ロックンロールウィドウ」(山口百恵)、「スモーキンブギ」(ダウンタウンブギウギバンド)、「ジェラスガイ」(ジョンレノン)等。

◆当楽団より出演者
分団YUKI姫:vo, cho
楽団ピアノ:pf, org
2004/11/27, night time@甲府 JAZZ IN ALONE, Kofu, Yamanashi.
event : "萬屋店主結婚式二次会ライブ"

概要
後に当楽団参加となる中山ドラマーが萬屋復帰、分団YUKI姫ボーカル及び楽団ピアノが参加。
男女ツインボーカル+4リズムセクション編成。
演奏レパートリーは全編Char、PINK CLOUDのカバー。
また一次会余興では、初代ボーカル青木優子と共に楽団創始当時のボーカル+ピアノデュオ編成に戻り、オリジナル制作のカラオケをバックに、歌とアコーディオンを演奏した。
本宴への書き下ろしオリジナル楽曲「Wao & Nao」(作詞:青木優子/作曲:山合淳)を披露。

◆当楽団より出演者
中山ドラマー:ds
分団YUKI姫:vo, cho
楽団ピアノ:pf, org
2005/09/17(sat), day time@永山野外ステージ, Tama, Tokyo.
event : "永山フェスティバル2005"

yama_ga_web.jpg概要
旧分団YUKI姫人脈のプロベーシストの紹介にて、萬屋本舗於ける甲府とは縁もゆかりも無い多摩の地の音楽イベントに出演させて頂く。
後に当楽団参加となる中山ドラマーと分団YUKI姫ボーカル及び、楽団ピアノが参加。
(画像は右:中山ドラマー、左手前:楽団ピアノ。旧萬屋HPより拝借)

演奏曲は、「優しく歌って」(ロバータ・フラック)、「リトル・ウィング」(ジミヘン)、チャーのカバー曲等。

◆当楽団より出演者
中山ドラマー:ds
分団YUKI姫:vo, cho
楽団ピアノ:pf, org
2006/11/26, night time@甲府 JAZZ IN ALONE, Kofu, Yamanashi.
event : "萬屋結成十周年記念興行"
概要
臨時楽団員として起用中のYOKO氏ボーカル及び、楽団ピアノが参加。また、楽団ERIが1曲飛び入り参加。
男女ツインボーカル+4リズムセクション編成。
演奏レパートリーは「タイムマシンにお願い」(サディスティックミカバンド)、「ユーガッタチャンス」(吉川晃司)、「ロザーナ」(TOTO)等。

楽団・フィーチャリングERIも本イベントに参加、シングル「マンタ」(カップリング:「ウツムキドリと窓の外」)発売。YOKO氏コーラスとERI、楽団ピアノの変則トリオ編成にて、オリジナル新曲「雪月花」、「マンタ」等を披露。

◆当楽団より出演者
YOKO氏:vo, cho
楽団ピアノ:pf, org
ERI:飛び入りボーカル


2008/11/23(sun), night time@Rooster Northside, Ogikubo, Tokyo.
event : "萬屋荻窪興行2008"

概要

楽団2007臨時楽団員:ダーサン氏ドラマー、同じくsim氏ギタリストがベースとして参加。以前の萬屋に特徴的なロック的文脈プレイヤーとは一線を画す、新風を吹き込んだ功績は大きい。
楽団ピアノの萬屋参加最終公演と為る。

081123_rooster3_web.jpg本公演では楽団ピアノがパーカッションを初導入。

中央下:コンパクトコンガ。スネアドラムスタンドにセッティング。
左上:オルガン用の鍵盤。
右:会場設置のアップライトピアノ。「FUKUYAMA〜」と云う非常に珍しい、木目の美品。
ピアノの左:カバサ。


081123_rooster4_web.jpgオルガン左手側のマイクスタンドに吊り下げられた小物パーカッション全景。
最上部:ウィンドチャイム。楽団最初期からの使用品。
以下其の他:Wood Pecker、クラクション、ビブラスラップ、スプリングドラム、スレイベル、レインスティック等など。

主な演奏曲は、「空が落ちてくる」(キャロル・キング)、「フリー」(デニス・ウィリアムズ)、「飾りじゃないのよ涙は」(中森明菜)等。

演奏動画は当頁上部「◆Profile◆」項にリンク貼付のユーチューブにて御参照可。

◆当楽団より出演者
臨時楽団員darthan氏:ds
frip-over rec.〜臨時楽団員sim氏:b
楽団ピアノ:pf, org, perc。

2011/07/17(sun), day time@7th. Floor, Shibuya, Tokyo.
event : "萬屋(YOROZUYA)結成15周年記念興行 円山夏の陣"

110717_yzy_sim.jpg概要

当楽団からflip-over rec.〜臨時楽団員sim氏:bs、旧分団YUKI姫:choが参加。旧臨時楽団員:ダーサン氏ドラマーは直前の急の不幸で出演不可、代わって旧分団YUKI姫人脈のプロドラマーが急遽エクストラ出演、sim氏の柔軟且つ的確なベースプレイと相まり、大好評を博す。
店主によるお笑いネタ披露のベクトルが完全に希薄に為った事も特徴的。

flip-over rec.〜臨時楽団員sim氏:bs、本興行を以って退任。
観戦者に当楽団オリジナルメンバー初期期の3名:青木優子初代ボーカル、土橋君オリジナルベーシスト、楽団山合ピアノが勢揃い。此れも珍しい出来事。

(画像は左手前:Ami-chang氏:gt、右中央:sim氏:bs。撮影:楽団ピアノ。)

主な演奏曲は、テレビドラマ「探偵物語」のテーマソング、YMO〜洋楽カバー曲等。

◆当楽団より出演者
frip-over rec.〜臨時楽団員sim氏:bs。
旧分団YUKI姫:cho。

(2011/08)


◆SNAP SHOTS◆
      *****(****/**)     
:。
:。
 


posted by 楽団クレッセント at 11:37 | 楽団外活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▲ページの上部に戻る

2011年01月01日 : 楽団外活動

gambling applepie(分団YUKI姫、中山ドラマー、山合ピアノ)(2007/04-2008/06)

楽団CRESCENT>楽団外活動>gambling applepie*更新:2011年06月28日 13:45プロフィール項、略歴項に加筆、最終更新。
 
◆Profile◆
gambling applepie(ギャンブリング・アップルパイ、2007-2010)。
エレクトリックブルースバンド。
女性ボーカル+エレクトリック4リズムセクション編成。
シカゴブルース、ブルースロックなど、またロックアーティストのブルージーな楽曲のカバーを中心に、オリジナル曲も演奏。
ブルースボーカルを志向するMINAをフィーチャーし、分団YUKI姫の企画/コーディネイトにより発足〜始動。

(2011/06)

◆略歴◆
2007/04 活動開始。
2007/08
 楽団山合、2曲の書き下ろし楽曲と1曲の手持ち楽曲を提供、書き下ろし楽曲に施されたMINAの作詞よるオリジナル楽曲2曲がレパートリーに加わる。此れにはYUKI姫とのデュエット曲も含まれた。
2007/10 12月公演活動開始準備として、山合ピアノによりHP開設。
2007/12 12月内で静岡ツアー、御殿場養護学校クリスマスコンサートなど、3本の公演を行い2007年を終える。

2008/01〜
 オリジナル楽曲やブルース曲カバーのベクトルは消え去り、カバー曲に、ロックアーティスト作品及びコンテンポラリーR&Bへの偏重が見られる様になり、スタジオワークも含めブルースバンドの方向性から大きく離反。
2008/05
 楽団山合ピアノ、音楽活動多忙を事由とし、退任表明。しかし年内のライブ計画が一部決定していた事由等も含め、協議により、2008年内いっぱいの活動参加を受諾〜決定。
2008/06
 楽団山合ピアノ、上記にも関わらずバンド側より解任通告を受け、受諾。脱退確定。HP閉鎖。
バンド活動は山合ピアノを除くスターティングメンバーにて、運営〜継続。
2008/10 バンド名を「ブルーストーン」と改名し、オリジナルメンバーのみの鍵盤レス編成にてライブイベントに出演。活動継続中。

2010/03 メンバー変更〜編成不詳、ライブイベントを他バンドと共催。
2010/08 オリジナルメンバーのryo氏(Guiter)より、ご本人、既に脱退済みとの情報。

2011/06 オリジナルメンバー且つ旧臨時楽団員の中山氏(Drums)より、既に解散済との情報。
(2011/06最終更新)
◆楽団CRESCENTとの関連性◆
当楽団の臨時楽団員〜分団歌い手:YUKI姫に依る企画/コーディネイトで、人員が集められ、発足。
当楽団より、山合ピアノ、旧臨時楽団員:中山ドラマーが参加。
また、ギタリストにはYUKI姫と共に一時在籍していたブルースバンド:「ブルース・フロンティアーズ」のバンドメイト:ryo氏がコーディネイトされた。この「ブルース・フロンティアーズ」は、2006年に於ける同バンド主催企画イベントの際に、当楽団もYUKI姫を含むフル楽団7人編成にて参加〜共演と云う関連性を持つ。

自らのコーディネイター:YUKI姫はサイドボーカルとして、2007/12、ひと度のライブに出演。
其の際は、当楽団の加盟するfrip-over rec.主催イベントに於ける当楽団第3期再編の初公演にも当たり、YUKI姫が臨時楽団員復帰及びメインボーカルの楽団フィーチャリングYUKIとして楽団演奏にも参加した。

gambling applepie(ギャンブリング・アップルパイ)のバンド名は、山合ピアノの提供曲につけられたMINAに依る作詞タイトルから引用。YUKI姫とMINAのデュエットを想定して作曲されたものである。
そして作曲のモチーフとなったのは、20世紀の頃の当楽団第1期時代に於ける重要関連バンド:「きらく」(エレクトリック・ブルース、第1期オリジナル楽団員:吉野ドラマー、高岩ギタリスト氏及び山合ピアノが在籍)のバンマス〜ギターボーカル:サトー茂氏と山合ピアノによる楽器デュオフリーセッション時に録音されたインプロヴィゼイションの基本2コード及び生成フレーズで、其れを元に歌もの楽曲構築が施されたものである。

◆ライブ活動◆
2007/12/09(sun), day time
@livehouse OLiON, Gamo, Saitama.
event : flip-over records presents "A Day"

概要
当楽団加盟のsim氏主宰flip-over recordsのイベントに参加。
当バンドの初ライブとなる。YUKI姫がサイドボーカルとしてサポート参加。
シカゴブルースなどのカバーと並び、山合提供のオリジナル楽曲が演奏され、バンド名にも採られたデュエット曲「gambling applepie」が披露された。
(上画像左から=ryoさん:g / 山合ピアノ)

当楽団より出演者
分団YUKI姫:ボーカル、コーラス
旧臨時楽団員中山氏:ドラムス
山合ピアノ:ピアノ、オルガン、パーカッション
(下画像左から=YUKI姫 / 中山ドラマー)

画像撮影〜提供:松岡様(黒陵応援部第57回生)
厚く御礼申し上げます。


2007/12/20(thu), 13:20-14:20
@a school at Gotenba in Shizuoka prefecture.
X'mas special concert event for children, produced by Mina
produced and especially programed for this concert by Mina
first inspiration by Mr. ryo

概要

ryoさんギタリストのアイディアが発端となり、企画開始されたスペシャルイベントが結実。
御殿場養護学校での、生徒の子供達を対象にしたクリスマス特別ワンマンコンサート。
Minaのプロデュース〜選曲により、皆に親しみのある曲を素材にしたグッチ裕三のカバー作品を更に作り変えたカバー曲と、お馴染みのクリスマスソングなどで構成された。
メンバーの中山ドラマー及びベーシスト氏がスケジュール都合上、参加不可の為、エキストラドラマーが参加。其の上、ベースレスの変則リズムセクションで演奏。
1曲目のお猿さんの曲「アイアイ〜」に、見事に応えて呉れた子供達の歌声。
出だしから感動を禁じ得ない、素晴らしい体験をさせて頂いた。
当バンドプロジェクトに於ける最高の成果。ryoさんギタリストに最大の感謝を。

プログラム
〜バンドの音楽をきこう〜
1. アイアイ〜アイ ショット ザ シェリフ(グッチ裕三)
2. 一週間〜スモーク オン ザ ウォーター(グッチ裕三 + オリジナル歌詞 by Mina)
〜楽器にふれよう〜
〜クリスマスソングをきこう〜
3. サンタがママにキスをした(X'mas song + オリジナル日本語歌詞 by Mina)
〜クリスマスソングをうたおう〜
4. サンタが町にやってきた(X'mas song + オリジナル日本語歌詞 by Mina)*
〜リトミック・リズムをたたこう〜
5. 手をたたきましょう〜ヒット ザ ロード ジャック(グッチ裕三)
〜みんなでおどろう〜
6. 不思議なポケット〜サタデーナイト(グッチ裕三)*
7. 大きな栗の木の下で〜YMCA(グッチ裕三)*
〜〜
8. 校歌
注釈 *:授業の題材として取り上げ、生徒が練習の上、参加。

players
Mina : vocals
ryo : electric guiter
山合ピアノ(当楽団) : piano, percussion
with special musicians
Mr. Kenji : drums
and the special choir 「ゴヨペラーズ」 : トモ&マイ&ヒロ

(画像出典:「御殿場特別支援学校>■御特だより」より転載)


2007/12/22(sat), night time
@Music&Restaurant FreeRide(フリーライド)" in Fujieda, Shizuoka.
booking live concert

概要
通常ブッキング出演。シカゴブルース〜ソウル等のカバーを演奏。

当楽団より出演者
旧臨時楽団員中山氏:ドラムス
山合ピアノ:キーボード、パーカッション、ブルースハープ


◆SNAP SHOTS◆
      summer(2007/08)       private tour in Toyama prefecture
JR氷見線雨晴(あまはらし)駅近辺にて。◆:妙奈ボーカル。
:静岡から富山の妙奈実家を目指し自転車走破のキヨミさんサイクリスト(写真中央)及び、彼女と走行列車のツーショットを撮影中の妙奈(写真左)。
 
 

       winter(2007/12)       a concert tour in Shizuoka prefecture
:ツアー初日。東京から山梨経由で御殿場へ向かう道中、ryoさんギター運転の車中より富士を望む。
:ツアー最終ライブ翌日。ryoさん車にて藤枝からの帰路中、由比PAより富士を望む。
 
:静岡の美味しい立ち食いチェーン店「スマル亭」。御殿場市内の246号線上「駒門店」にて。
中央:スマル亭お気に入りのryoさん。ツアー移動中、3度立ち寄る。
:「ベトコンラーメン」醤油味を食す中山氏ドラム。藤枝市にて、中山氏イチ押し推奨のラーメン屋。
ライブ会場=藤枝フリーライド向かいのラーメン屋:「ベトコンラーメン『よし美渡辺商店』」にて。
ちなみに「ベトコン」とは「ベスト・コンディション」の略との中山氏の弁。
  
posted by 楽団クレッセント at 11:56 | 楽団外活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▲ページの上部に戻る

2011年01月01日 : 楽団外活動

BLANCA(darthan氏、山合ピアノ)(2007/04-)-add4

楽団CRESCENT>楽団外活動>BLANCA
*org作成:2010年01月25日 08:40*最終更新:2012年03月22日 12:00=>add4版:略歴項に加筆、ライブ活動項に加筆。

 
◆Profile◆

BLANCA(ブランカ)。社会人オリジナルポップスバンド。
女性ボーカル+エレクトリック4リズムセクション編成。
主宰:川辺 一弘 氏(Bass)。

*1980年代結成のオリジナルポップスバンドプロジェクト。
断続的な活動時期を挟みつつも、4半世紀の歴史を誇る。
現況存続のオリジナルメンバーは主宰:川辺氏のみ。過去一時在籍した小林氏(Guitar)が2007年に復帰。
2000年代前半以降参加の女性ボーカル:深雪(みゆき)氏を現行レギュラーに据え、2007年、darthan氏(Drums)、楽団ピアノ(Piano, Organ, percussion)を加え、第何期なのか全く不明な歴史を背負いつつ、新制BLANCA:2007体制として活動中。

2011年、ドラマーが替わり、4リズムセクション内でも上もの:ギター+鍵盤のアンサンブル構造改革を施し、新制BLANCA:2011体制に移行。リズミックな曲に於いて、ギター小林氏の個性で且つ持ち味であるトレブリーな音色を生かし、ピアノに於ける中低域リズムコンピングをメインバッキングに据え、所謂ギターバンド的アンサンブル構造からの脱却を模索。

*クリーントーンで伸びやかな女性ボーカルと、1980年代のニュアンスが滲み出た楽曲群が最大の特徴。
また、長い活動歴の象徴的事項としては、現行メンバー年齢層が大きく3世代に分かれ、其の影響上、冠婚葬祭出産等などの大トピックが続発、断続的な活動を余儀なくされている事が挙げられる。こんな活動状況のバンドは、なかなか見かけられるものではなかろう。

◆ホームページ(2000年代中盤)
@sound.jpサイト頁:閉鎖
http://sound.jp/blanca/
現行ホームページ無し

◆インディーズバンド情報サイト「internet-BANDEST」
2005年頃体制のBLANCA頁
http://www.gaou.ne.jp/bandest/bandest/band.cgi?mode=mlist&id=2342

◆ユーチューブ
無し

(2012/03)
◆略歴◆

1980年代前半〜
 社会人女性ボーカルオリジナル楽曲バンドプロジェクトとして結成。多数のオリジナル楽曲を創作、精力的にライブ活動を行う。
〜2000年代中盤 主宰:川辺 一弘 氏(Bass)を含むオリジナルメンバー×3名に深雪氏(Vocal)、キーボード氏を加え、ライブ〜制作等、幅広く活動を展開。
2007/**〜 一時活動休止を経、主宰:川辺 一弘 氏(Bass)及び深雪(みゆき)氏(Vocal)の続投レギュラー構成に加え、ギタリストに過去一時在籍した小林氏(Guitar)が復帰。新規でdarthan氏(Drums)、楽団ピアノ(Piano, Organ, percussion)を加え、第何期か全く不明な、新制BLANCA:2007体制にて活動再開。
2007/12 新体制初公演として、当楽団クレッセント所属レーベルのフリップオーバーレコード企画ライブイベント:「flip-over rec. presents "A Day"」於・蒲生オリオンに出演。
2008/01 darthan氏(Drums)の結婚記念パーティー音楽イベント「Darthan & Guniang Wedding Party」於・立川クレイジージャムに出演。
2008/08 ライブイベント於・大井町シブヤ楽器ライブホールに出演。
2009/01 メンバーの身内の不幸によりコンテストライブイベント於・埼玉県北本市の参加を急遽中止。
2009/** メンバーに於ける出産〜不幸等が重なり、活動休止。
2010/02 活動再開。
2010/11 ライブイベント出演、於・東高円寺ロサンゼルス。
2011/06 2011年秋季に向けてのライブ活動再開計画中にdarthan氏(Drums)が脱退表明、活動停止。
2011/07 新ドラマーのトライアルセッションを実施、決定、活動再開。年内の公演が決定。新制第2期BLANCA:2011体制に移行。
2011/08 新ドラマー:柏倉氏と共にライブ向けリハーサルセッションを開始。楽団ピアノ山合はピアノに専念し、オルガン〜シンセ系鍵盤奏者導入を計画中。アンサンブル全体の見直し、再構築を開始。
(2011/09現在)
◆楽団CRESCENTとの関連性◆

楽団ピアノ(Piano, Organ, percussion)と、後に臨時楽団員となるdarthan氏(Drums)が参加。
氏は、楽団以外でも、当楽団クレッセントの所属するレーベル「フリップオーバーレコード」のsim氏及び楽団ピアノと共に、レーベルの企画する結婚披露宴出張演奏プロジェクトや其の他バンドプロジェクトにも参加。

BLANCAのバンド自体としては、2007/12、当楽団クレッセント所属レーベルのフリップオーバーレコードが主催企画のライブイベント:「flip-over rec. presents "A Day"」於・蒲生オリオンに出演、と云う関連性を持つ。
また、楽団ピアノはオリジナル楽曲を1曲提供、深雪(みゆき)氏(Vocal)の作詞によりレパートリーに加えられた。
 
2011/06に旧臨時楽団員darthan氏(Drums)が脱退表明、2011/09現在、楽団関係者の参加は楽団ピアノ(Piano, Organ, percussion)のみとなっている。

(2011/09現在)

◆ライブ活動◆

2007/12/09(sun), day time@蒲生OLiON, Koshigaya, Saitama.
event : flip-over records presents "A Day"
◆概要

当楽団所属のflip-over recordsのイベントに参加。
新体制BLANCA初公演となる。

当楽団より出演者
・darthan氏:ds
・楽団ピアノ:pf, org, perc.
◆画像
ステージ左から、(川辺 一弘 氏(Bass)=画像無し)、darthan氏(Drums)、深雪(みゆき)氏(Vocal)、小林氏(Guitars)、楽団ピアノ(Piano, Organ, percussion)。
※画像撮影〜提供:松岡様(黒陵応援部第57回生)
厚く御礼申し上げます。
 
  

2008/01/12(sat), day time@立川Crazy Jam, Tachikawa, Tokyo.
event : "Darthan & Guniang Wedding Party"
◆概要
臨時楽団員でもあるdarthan氏(Drums)の結婚記念パーティー音楽イベント。
darthan氏(Drums)のかつてから現在に至るまで参加した主なバンドプロジェクトが同窓会的に結集、全てのドラムパートをdarthan氏が担当にて披露。
当楽団より出演者
・darthan氏:ds
・楽団ピアノ:pf, org, perc.

2008/08/31(sun), night time@大井町シブヤ楽器店, Oimachi, Tokyo.
event : SHIBUYA GAKKI PRESENTS "OYAJI BAND TAIKAI"

◆概要
20余年の歴史を誇る当BLANCAに相応しきイベントながら、対バンは意外にも若年層(?=比較論的)が多く見られた。
当楽団より出演者
・darthan氏:ds
・楽団ピアノ:pf, org, perc.

2010/11/28(日)昼@東高円寺ロサンゼルス, Tokyo.
event : Atomic system Presents

◆概要
イベンター主催の貸し切りイベント。darthan氏:dsの最終出演ライブと為る。
当楽団より出演者
・darthan氏:ds
・楽団ピアノ:pf, org, perc.

2011/10/23 (日)昼@大塚Welcomback, Tokyo.
event : ブッキングライブ:●●AMATEUR DAY●●

◆概要
バンド創始者であるベテランベーシスト:川辺氏の知人である某有名音楽雑誌編集者の出演共演日枠に参加。
柏倉ドラマー加入〜上物リズムセクション構造改革で臨んだブランカ2011体制初ライブ。会場のグランドピアノが功を奏したか、構造改革は基礎的な良好さが表出した模様、今後の研磨が期待される。
平均年齢を下げたドラマー氏の影響は多大で、素晴らしい入場動員実績を残した、印象的な公演。
当楽団より出演者
・楽団ピアノ:pf, org, perc.

◆SNAP SHOTS◆
     応募用の撮影、於けるリハーサルスタジオ新宿ペンタ (2011/08)     
◆左から、新加入:柏倉ドラマー、小林ギタリスト、バンマス川辺ベーシスト、深雪ボーカル、楽団ピアノ。
 


posted by 楽団クレッセント at 06:23 | 楽団外活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▲ページの上部に戻る

2008年07月21日 : 楽団外活動

(This program is brought you by)Coffee Hand(sim氏、分団YUKI姫、山合ピアノ)(2007/02-)

楽団CRESCENT>楽団外活動>(This program is brought you by)Coffee Hand
更新:2009年04月25日 03:07=>略歴項に加筆、リンク掲載。

 
◆Profile◆
(This program is brought you by)Coffee Hand(コーヒー・ハンド)。
夏祭りイベント向けプロジェクトバンド。男性ボーカル+エレクトリックツインギター4リズムセクション編成。
洋〜邦ロックから歌謡曲等、ジャンルにとらわれないお馴染みのカバー楽曲を、sim氏による音楽監督〜編曲で聴かせる。渋い歌声の男性ボーカルが素敵な味わいを醸し出す。
◆略歴◆
2007/** 夏祭りイベント向けプロジェクトバンドとして結成。
2007/02 frip-over rec.〜臨時楽団員sim氏、参加オファーを受諾。当初はkbdとして参加予定、後にgに変更、ツインギター編成に。
2007/07 夏祭り音楽イベント「NAGI Music Live 2007」@天王洲郵船ビルNAGIに出演。

2008/05
 YUKI姫:cho、楽団ピアノ:pf, org, percがサポート参加決定、スタジオリハーサルに参加開始。
2008/07 夏祭り音楽イベント「NAGI Music Live 2008」@天王洲郵船ビルNAGIに出演。好評を博す。

2009/02 リードボーカル:元ちゃんこと垣花 元氏、ご永眠。ご冥福をお祈り申し上げます。
2009/04 frip-over rec.、リードボーカル:垣花 元氏の音源を無償配信開始。2003年作品。sim氏:制作/作曲/編曲。ダウンロードは下記。
http://www.flip-over.net/list/download.html
(2009/04現在)

◆楽団クレッセントとの関連性◆
2007年初頭:プロジェクト創設時期より、frip-over rec.〜臨時楽団員sim氏がg, choで参加、編曲〜アンサンブル面に於いて音楽監督を務める。
2008年、sim氏によるサポート要請で当楽団より、臨時楽団員〜分団歌い手YUKI姫:cho、楽団ピアノ:pf, org, percが参加。

◆ライブ活動◆
2007/07/**(***), night time
@天王洲郵船ビルNAGI, Tennouzu, Tokyo.
event : "NAGI Music Live 2007"

概要
3日間連続で夏の夜の野外音楽ライブコンサートを楽しめるイベント。
郵船ビルの野外中庭に解放された、200名程度のテーブル席スペースを前にステージを設営。入場無料、観客はライブ演奏をバックに、出店販売の酒と肴を勝手気ままに楽しめる趣向。

基本編成の、男性ボーカル+エレクトリックツインギター:4リズムセクションの5人編成での出演。
演奏曲は、「勝手にしやがれ」(沢田研二)、「ラブ・マシーン」(モーニング娘)、「スウィート・メモリー」(松田聖子)等、多岐。

当楽団より出演者
frip-over rec.〜臨時楽団員sim氏:g, cho, 音楽監督。


2008/07/25(fri), night time
@天王洲郵船ビルNAGI, Tennouzu, Tokyo.
event : "NAGI Music Live 2008"

概要

2007年同様、3日間連続で夏の夜の野外音楽ライブコンサートを楽しめるイベント。
郵船ビルの野外中庭に解放された、200名程度のテーブル席スペースを前にステージを設営。入場無料、観客はライブ演奏をバックに、出店販売の酒と肴を勝手気ままに楽しめる趣向。
最高に気持ちのよい飲酒〜音楽鑑賞環境と云える。
(右画像:本番サウンドチェック風景。左:sim氏、右:歌い手氏。)

18時過ぎの開演と共に本日のトップバッターとして出演。
基本編成の、男性ボーカル+エレクトリックツインギター:4リズムセクションに加え、弊楽団からYUKI姫:cho、楽団ピアノ:pf, org, percがサポート参加、総勢7人編成で出演。
「ロンリー・チャップリン」(鈴木聖美、鈴木雅之ラッツ&スター)では、YUKI姫がボーカル氏との男女デュエットを色っぽく聴かせた。
楽団ピアノは、コンガや小物など10種類余りのパーカッションやブルースハープを、ピアノ〜オルガンの傍ら演奏。
更に、歌い手の小学生の娘さんが、「明日晴れるかな」(桑田佳祐)で、ピアノを演奏。傍らで歌うお父さんとデュオで歌う場面も見られ、心温まる一場面。ステージのハイライトと為った。
大盛況のアンコールは、昨年のレパートリーから「勝手にしやがれ」(沢田研二)。
主な演奏曲は、「翼の折れたエンジェル」(中村あゆみ)、「ホテル・カリフォルニア」(イーグルス)、「雨上がりの夜空に」(RCサクセション)等。
(右画像:開演〜当バンド出演風景。左黒衣装:ドラマー氏、中央白衣装:歌い手氏、中央右黄色衣装:MC嬢。)

当楽団より出演者
frip-over rec.〜臨時楽団員sim氏:g, cho, 音楽監督.
YUKI姫:cho, vo.
楽団ピアノ:pf, org, perc.

SNAP SHOTS
◆左画像:とっぷり暮れたステージ入替時、客席を望む。
◆右画像:「…ならでは」の盛り付け。出店の肴「ぶりかま」、金800円也。
 


◆SNAP SHOTS◆
      summer(2008/07)       studio rehearsal at Yoyogi   
:リードボーカル氏、左奥に分団YUKI姫。
:左にドラマー氏、右にflip-overのsim氏。
 


posted by 楽団クレッセント at 07:19 | 楽団外活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▲ページの上部に戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。